心因性頻尿

心因性頻尿

心因性頻尿になってしまうと、普通の日常生活が送れなくなってしまうので、注意が必要なんだそうです。

心因性頻尿 > 心因性頻尿

心因性頻尿とは

心因性頻尿とは
普段リラックスしているようなときには、なんともないのに、 外出時とか、これから、トイレには、行けないような状態になった瞬間に、尿意に襲われてしまうことが「心因性頻尿」と呼ばれる症状なんだそうです
たとえば、電車や車の中、劇場とか会議とかの最中(近くにトイレがあることがわかっていても、そのために席を立つことが、はばかられるような場所)などがあるんだそうです
おいそれとは、気軽にトイレに入れないと思った瞬間に、急に不安にかられて、尿意におそわれてしまうんだそうです

もう一つの心因性頻尿の兆候としては、夜は、そういった問題が起こらないのに、日中には、頻繁に、トイレに入り浸るというようなときには、この心因性頻尿の症状の可能性が高いんだそうです

ただ、この心因性頻尿という病気かどうかは、素人には、判断が難しいので、泌尿器科のお医者さんに心因性頻尿なのかどうかの診断をしてもらうことが、大事なんだそうです
(もしかすると、心因性頻尿という精神的な問題ではなく、身体的機能的な問題の可能性も、考えられるんだそうです。)

(現実に、この心因性頻尿のために、車に乗れないとか、電車に乗れないとかというように、通常の日常生活が、難しくなってしまっている場合には、心療内科か、精神科を受診するのが、いいんだそうです。)

心因性頻尿 治し方

心因性頻尿の治し方としては、心療内科にかかっている場合には、薬で落ち着かせる方法が、あるんだそうです
抗不安剤とか抗うつ剤とかを使うんだそうです
こういった薬を処方されて飲んでいる限りは、電車とか車とかにも、安心して乗れるようになって、心因性頻尿の症状が出なくなることが、多いんだそうです

ただ、こういった薬にばかり頼ってしまっていては、その時には、良くても、それからずっと頼ることになってしまうので、並行して、「がまんをする」トレーニングをすることも、心因性頻尿を治すには、とても大切なことなんだそうです

また、医者に行くほどでもないけれども、「なんとなく不安で」っていう場合でも、こういった「がまんをする」トレーニングが、有効なんだそうです

「がまんをする」トレーニングとは とても簡単にできる方法で、自宅にいるときとか、トイレにすぐに入れるような状況のときに、行う方法で 尿意が訪れたときに、そのまま、5分程度、トイレに入るのを、我慢することなんだそうです
最初のうちは、5分から初めて、その後、徐々に10分、20分と、時間を延ばすようにしていくんだそうです

このことが、できるようになることで、自分に自信がつき、外出時の不安も、時間が伸びていくにしたがって、不安を感じる頻度が減っていくものなんだそうです
最終的には、一度、トイレに入ってから、その次に入るまでの時間を2時間以上にできることが、目標なんだそうです

参考サイトは、こちら⇒関口由紀医師が教える「自分でできる排尿トラブル総合プログラム」

心因性頻尿 トップへ戻る