葬儀 服装

葬儀 服装

葬儀の時に着ていくべき服装って、悩みます。

葬儀 服装 > 葬儀 服装

葬儀 服装 夏

葬儀は、日時季節を問わずに、起きるものです。
特に、夏の御不幸って、軽装でものいいかもって、思ってしまいがちですね。
(実際、クールビズとかで、軽装で職場にも通っていますし。御不幸ですから、黒のジャケットでって言われても、暑いので。半袖のシャツに、黒いネクタイでも、いいかもしれない・・・)

でもそこは、やっぱり、「故人とのお別れ」の場ですから、できる限りマナーを守らないといけないんだそうです。
正式には、「最後のお別れをする場」ということから、黒のジャケットを着るのは、エチケットなんだそうです。
男性の場合は、黒の上下のスーツを着用することが、基本なんだそうです。(ワイシャツは、半袖でも大丈夫ですが、会場では、黒のジャケットを着ることが、エチケットなんだそうです)
女性の場合は、できる限り、肌の露出を避けるようにすることが大事なんだそうです。(ノースリーブとか半袖の礼装もあることは、ありますが、それは、避けるのが、エチケットなんだそうです)

実は、良くやりがちなのが、お通夜の軽装ですね。
人が亡くなったというのに、その服装はないでしょっていう服で駆けつけるって、ありえないんだそうです。(とるものもとりあえず駆けつけましたっていうニュアンスは、わかりますが)
もし、服装の準備が整わないときには、日を改めて、きちんとしたスーツを準備して、告別式に出席するのが、ベストの選択なんだそうです。
また、お通夜、告別式ともに出席できないときには、日を改めて、ご自宅の焼香にいくのも、また、心のこもった挨拶にも、なるんだそうです。
さらに、一回忌とか三回忌とかだと、だいたいの場合には、身内が参列するということで、何も暑い時期に、ジャケットもないでしょって、思いがちですが、やはり、三回忌までは、キチンと黒の上下のスーツを着用することが、礼儀なんだそうです。

こちら⇒葬儀 服 楽天市場

葬儀 服装 トップへ戻る