糖尿病

糖尿病

糖尿病は、そのものは、自覚症状とかもなく、気づきにくいのですが、怖いのは、合併症なんだそうです。

糖尿病 > 糖尿病

糖尿病 合併症

えん麦のちから 500円モニターキャンペーン

糖尿病を放置してしまうと「合併症」が現れてくるといわれています
それも、糖尿病を発症してから、5年から10年という時間が経過してから
この病気自体は、それほど、自覚症状とかもないので、放置しがちですが 怖いのが、この病気から派生してくる「合併症」だといわれています

・足の壊疽(足の組織や細胞が、壊死してしまって、腐敗してしまうことなんだそうです。切断せざるをえなくなるんですね。実際に、私の父親が、片足を失いました)
・網膜症になってしまって、失明をしてしまう。(目が見えていた人が、目が見えなくなってしまうって、非常な恐怖ですよね)
・腎不全になってしまう。人工透析を、定期的に行わないと、命にかかわることになってしまうんだそうです。
他にも、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など、本当に命に直結する病となって現れてくるんだそうです
これらの病気は、症状が出たときには、相当、進行してしまっていることが多いので、その後の対処は、とても大変になってしまうんだそうです。

糖尿病 予防

糖尿病を予防することは、上記のような「合併症」を引き起こさないためにも、とても大切なことになりますね

もし、健康診断などで、「血糖値が高い」と診断されたら、まずは、「血糖値のコントロール」をすぐにでも、始めることが、予防につながるということになるんだそうです

その時のポイントとは
・血糖値が上昇してしまう原因の解消
・血糖値の上昇を抑えること なんだそうです

主な方法としては、 食事療法と、運動療法が、言われています
食事療法によって、血糖値の上昇を防ぎ
運動することによって、余計な糖を消費することや、インスリンの働きを助ける効果があるっていうことも言われています
また、食事内容の改善とともに、血糖値を下げることに効果のある食材やサプリなどを、適宜、摂りいれることも、良いことだといわれています

参考サイト⇒低GIダイエットをサポート「えん麦のちから」

糖尿病 トップへ戻る