夜間頻尿

夜間頻尿

夜間頻尿は、ひどくなると眠れなくなるので、昼間の活動に影響が出る可能性があるので、注意が必要ですね。

夜間頻尿 > 夜間頻尿

夜間頻尿 原因

夜間頻尿

夜間頻尿の定義としては、 一晩に2回以上、おしっこに行く場合には、「夜間頻尿」と定義されるんだそうです。

夜間頻尿のタイプ別の原因としては
一度に排泄されるおしっこの量が、少ないかなっていう人は、「過活動膀胱」、「前立腺肥大症」(男性)、「膀胱炎」などの可能性が考えられるんだそうです。
逆に、一度に排泄されるおしっこの量が、多いかなっていう人は、「水分の取りすぎ」、「糖尿病」の可能性が、考えられるんだそうです。

(1回あたりの平均的な、尿の量とは。200ml~350mlなんだそうです。気になる方は、一度おしっこをコップとかにためてみると、いいかもしれませんね。)

夜間頻尿 改善

夜間頻尿を改善する方法としては、お医者さんのところに行って、薬を処方してもらったり、手術をしてみたりっていうことが、ありますが、それほどでもないかなという場合もあります。

そんな時は、膀胱の訓練とか、骨盤底筋のトレーニングや、尿道括約筋のトレーニングをすることで、改善することが、多くあるんだそうです。
一説には、60%から70%ぐらいの人は、かなり改善するともいわれています。

・膀胱訓練とは これは、尿意を我慢する方法なんだそうです。 尿意を感じたら、そのまま、5分程度、トイレに行くのを、我慢するんだそうです。
それが、できるようになったら、その時間を10分にして、20分にしてと、だんだんと時間を伸ばしていくようにするんだそうです。
理想的には、30分程度我慢ができるようになるのが、目標なんだそうです。
(この訓練は、外出時には、行わないように。自宅で、リラックスしながら、すると、案外、うまくいくんだそうです。)

・骨盤底筋(女性)と、尿道括約筋(男性)のトレーニングは、同じなんだそうです。
肛門をギューっと、しめるトレーニングなんだそうです。
肛門を、「おならを出さないように」ぎゅーっとしめるのに、3秒間。
そして、しめた肛門を緩めるのに、2秒間。
これで1セットで、1日に、60セットを行うようにすると、いいんだそうです。
(60セットって大変って思いがちですが、1セット5秒なので、1分間で12セットできる計算になります。
ということは、5分間っていうことになるので、この程度なら、できそうですね。
また、一括でしなくても、分割で行ってもいいらしいので、続けられると思います。)

参考サイトは、女性は、こちら⇒関口由紀医師が教える「自分でできる排尿トラブル総合プログラム」

男性は、こちら⇒男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法

夜間頻尿 トップへ戻る